瞑想のやり方について

Pocket

では、マインドフルネス瞑想のやり方についての紹介です。

まずは、ストレッチをして身体のこわばりを取ります。そして次に、コンディショニングとなります。呼吸を深めて、脊柱や骨盤などのアライメントを正します。それから、自律訓練法&呼吸法というものです。副交感神経を優位にして、呼吸のリズムを整えることが出来ます。それから、座禅を組んで集中することによって脳、そして身体を休めるのです。そこまで終わったら、最後に覚醒・クロージングを行い、副交感神経優位になった、通常の状態に戻すことが出来ます

水中それから、マインドフルネス瞑想でも水中で行うものもあります。水の中は意識呼吸が必要とされており、水の特性を活かして呼吸に意識集中をさせて、心を静めた状態にすることが出来るというプログラムです。ストレッチをまずは行います。それによって胸中心、呼吸をしやすくします。それから、座位はヌードルに座り、プールサイドを持って腹式呼吸を行う練習をします。それから、水平体位を行います。ヌードルを首の下に入れて、プールサイドに足をかけて水平の体位になるようにして、耳を水の中にいれ、水の音を聞きつつ呼吸を行うというものです。

マインドフルネス瞑想は、こうしたやり方となります。